管理型産業廃棄物処分場での硫化水素対策
(硫化水素の発生を止める)
SC−381の技術説明と事例
 
硫化水素発生 硫化水素の発生とその対策の解説。
 
下水処理場/工場排水設備の硫化水素発生を止める方法が出来ました。硫化水素問題の調査または相談を無料で行います。 →詳細はこちら
 
管理型産業廃棄物処分場の硫化水素発生を止める方法が出来ました。詳しい説明ビデオを無料で進呈します。 →詳細はこちら
 
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素対策 CONTENTS
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素対策
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素の発生機構とSC-381の効果機構
  SC-381の効果的な使用方法 
  実績、研究結果 
       
硫化水素の発生を止める。
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素問題を解決します!!
    
 
SC-381の効果的な使用方法
   
  サルフコントロール SC-381は、予防的に使用することが有効です。
管理型処分場での硫化水素対策は、廃石膏ボード等、硫化水素の
元となる廃棄物とSC-381を混合して埋め立てることが経済的に
有効な方法です。
   

作業は簡単です!!

SC-381を処理水等で100倍以上に希釈し、埋めたて時の廃石膏ボードに散布するだけです

効果は長期間継続します

硫化水素発生の抑制効果は、実績として3年以上持続しています

浸出水処理施設での硫化水素も軽減します。

硫化水素発生源への対策ですので、下水処理場での実績と同じく、 浸出水処理施設でも硫化水素低減実績を収めています

管理型処分場でのSC-381施行例
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素対策
管理型産業廃棄物処分場での硫化水素の発生機構とSC-381の効果機構
  SC-381の効果的な使用方法 
  実績、研究結果 
実績、研究結果
 
 
実績
現在6箇所の管理型処分場で実績があり、特にA処分場では3年以上継続使用して、 硫化水素発生の軽減効果を実証しています。
 
 
研究結果
福岡大学資源循環システム研究所との共同研究結果は
下図の通りです。
 
(1)
石膏ボードを埋め立てるだけで硫化水素が発生します。
 
図1  環境水に浸漬した石膏ボードからの硫化水素発生
エコテクノ2006(北九州)2006年11月 福岡大学資源循環・環境制御システム研究所 武下俊宏助教授 出展資料抜粋
 
(2)
石膏ボードにSC-381を混合するだけで硫化水素の発生が止まります。
図4
薬剤添加による硫化水素の発生抑制
エコテクノ2006(北九州)2006年11月 福岡大学資源循環・環境制御システム研究所 武下俊宏助教授 出展資料抜粋
 
情報提供からテスト、具体的提案まで、
一貫した技術サービスによって問題解決をお手伝いいたします。
サルフコントロールは、下水道向けに開発された硫化水素発生抑制剤です。
既に実用化されており、安全性は証明されている、環境にやさしい製品です。
サルフコントロールは、川崎化成工業株式会社の登録商標です。
 

管理型産業廃棄物処分場における硫化水素対策剤、SC−381のご使用に関しては、 下記にお問い合わせください

 

川崎化成工業株式会社
〒212-0014川崎市幸区大宮町1310番
ミューザ川崎セントラルタワー6F
電話: 044-540-0105  Fax 044-540-0130

Kawasaki Kasei Chemicals LTD.