工場排水設備にサルフコントロールを使用して硫化水素問題解決を!
 
工場排水設備での硫化水素対策例−2
工場排水設備での硫化水素対策
サルフコントロール使用実績(業種)
  工場排水設備での硫化水素対策−1
 1日当り2,500m3の排水を処理している一般的な化学製造工場の排水設備において、放流水、濃縮槽返流水、脱水機周辺から、硫化水素が発生していました。
 硫化水素が大量に含まれている放流水の対策として、大量の酸化剤で対応していましたが、返流水や脱水機には効果が得られず、周辺住民の苦情に苦慮していました。大量の硫化水素の発生原因は、凝集剤として硫化水素の元となる硫酸イオンを含む硫酸バンドを使用しているためです。
サルフコントロール をクリックしてください。


サルフコントロールは、硫化水素が発生している上流に投入することで効果を発生します。
硫化水素の発生状況は、工場排水設備ごとに異なっています。硫化水素の発生抑制効果を最大に発揮するために、御相談ください。
  
下水処理場/工場排水設備の硫化水素発生を止める方法が出来ました。硫化水素発生状況の調査を無料で行います。 →詳細はこちら


川崎化成工業株式会社
〒212-0014川崎市幸区大宮町1310番
ミューザ川崎セントラルタワー6F
電話: 044-540-0105  Fax 044-540-0130

Kawasaki Kasei Chemicals LTD.